甲斐の名水で育まれた安心・安全な淡水魚 山梨県養殖漁業協同組合 YAMANASHI AQUACULTURE FISHERIES COOPERATIVE
山梨県で養殖されている主な淡水魚 詳細はこちら
  • 錦鯉(nishikigoi)のご紹介
  • 富士の介のご紹介
  • 甲斐サーモンレッドのご紹介
  • 淡水魚取り扱い店一覧
  • 山梨県産 淡水魚 生産者一覧
お問い合わせはこちら
錦鯉(nishikigoi)のご紹介このサイトは、 消費者の方々に 美味しい 淡水魚の情報を 提供しています。

泳ぐ 芸術 国魚 錦鯉

錦鯉

山梨県の錦鯉

 山梨県の真鯉の養殖は明治末に始まり、その後絹糸生産の副産物である高栄養価の蚕の蛹を用い、盛んに養殖されるようになりました。昭和36年に突如ブドウ畑の中から温泉が湧き上がり、現在の石和温泉となっています。ところで、錦鯉の本場新潟はとても雪深く、錦鯉を越冬させるのに苦労していましたが、この温泉周辺で錦鯉を越冬させたところ、健康的で色上がりのとても良いことが分かりました。このようなことから山梨県の石和・春日居を中心に本格的な錦鯉養殖がはじまりました。甲府盆地の地下水は、あたたかく弱アルカリ性で、この水で育った藻を食べることで紅色が鮮やかに発色するといわれています。

県内の錦鯉養殖場の飼育池
県内の錦鯉養殖場の飼育池
色々な錦鯉(紅白、大正三色、昭和三色)
色々な錦鯉
(紅白、大正三色、昭和三色)

泳ぐ宝石「錦鯉」

 錦鯉は、赤・白・黒を始めとした鮮やかな色彩をもつ、日本を代表する観賞魚です。また錦鯉は、数ある観賞魚の中でも唯一日本人の手によって作り出された魚です。錦鯉の祖先にあたる緋鯉は、新潟県山古志地方で食用として飼育していた真鯉の中から突然変異により江戸時代に生まれたと考えられています。それを当時の人々がより珍しく、美しい色の鯉を作り出そうと改良を重ね、昭和の初めまでに赤・白・黒を基調とした、後に「御三家」と呼ばれる「紅白・大正三色・昭和三色」という代表的な三品種が作出されました。現在では、長年の生産者の努力により、原産地である新潟県を始め、日本各地で美しい錦鯉が生産されるようになり、100を超える品種があるとされています。

紅白
紅白

「紅白」は、白地に赤い模様が入る錦鯉で、赤は濃くて明るく、白はより白く、赤と白の境目がはっきりしたものが優秀とされます。
 シンプルな配色ながら、「紅白にはじまり紅白に終わる」とまで言われるほど奥が深く、「紅白」をもとにさまざまな品種が誕生しています。

大正三色
大正三色

「大正三色」は、「紅白」に黒い漆墨(うるしずみ)と呼ばれる模様が入った錦鯉で、大正時代に作られたことから名付けられています。
 紅白の模様を基本に、ツヤのある墨がバランスよく配置されたものが理想的とされています。

昭和三色
昭和三色

「昭和三色」は、連続した形状の写り墨(うつりずみ)を持っているのが特徴の錦鯉で、昭和時代に作られたことから名付けられています。
 腹から背にかけて巻き上がる墨と、顔を二つに割るような面割れ模様の墨が入るものが良いとされています。

 写真引用:全日本錦鯉振興会のホームページから

錦鯉系統交配図

錦鯉品評会

 山梨県錦鯉品評会は、令和5年で第50回を迎えました。全体総合優勝一席は農林水産大臣賞、二席は水産庁長官賞、三席には山梨県知事賞が授与されています。加えて、山梨県産の錦鯉の美しさは評価が高いことから、全日本総合錦鯉品評会のような全国的な品評会においても何度も好成績を収めています。

 品評会では、サイズ別、品種別に複数の委員により審査を行いますが、審査は体型、色彩、模様で評価されます。

山梨県錦鯉品評会での審査風景
山梨県錦鯉品評会での審査風景
  • ○ 体型:体高や体幅の肉付きの良さが最も重要な項目ですが、ゆがみがない左右均等のバランス等も加えて評価されます。
  • ○ 色彩:緋色は濃く均一で美しい赤、墨は艶があり濃い黒、肌は雪のように白いことが重要で、色のムラがなく明瞭なことも加えて評価されます。
  • ○ 模様:模様は人によって好みがありますが、前後左右にバランス良いことで評価されます。

本県の生産状況等

▼ 生産者

 県内における錦鯉養殖業者は7経営体で甲府盆地内に散在していますが、その中心は笛吹市の春日居、石和地区が中心となっています。

山梨県養殖漁業協同組合の生産者名簿
No. 名称 e-mail 住所 電話番号
1 水園 suien0926@yahoo.co.jp 笛吹市
石和町窪中島14
055-262-9855
2 石和錦鯉センター mail@inckoi.com 笛吹市
石和町八田142-2
055-262-4191
3 フィッシュランド イシハラ fishland@fish-pet.com 甲府市
相生3-5-40
055-233-5676
4 丸一佐久間 5150sakuma@gmail.com 笛吹市
石和町唐柏493
055-262-3735
5 廣井養鯉場 yhiroi@bd.wakwak.com 笛吹市
石和町唐柏192
055-262-6159
6 丸山養鯉場 maruyama-koi.farm@sky.plala.or.jp 南アルプス市
江原1499-1
055-282-0586

▼ 生産実績

 販売先が国内から輸出に移りつつあることもあり、生産実績はやや減少傾向にあります。特に令和3年度以降は新型コロナウイルスの影響もあり、生産量が減少しました。(引用:山梨県農業水産業生産額実績)

H26H27H28H29H30R1R2R3R4
生産量(t)273126272626231616
生産額
(百万円)
1411601281351271331137879

▼ 輸出の状況

 錦鯉は国内のみならず国外でもその人気が年々高まっていて、全国の輸出金額はこの10年で2倍以上になっています。令和4年には、国の輸出重点品目に加えられ、日本農林規格(JAS)で用語や品種の定義がされるなどして輸出額は過去最高の63億円となりました。ジャパンブランドの一翼を担うようになり、今後益々の輸出拡大が期待されています。

錦鯉等の輸出金額の推移

 山梨県では、水産技術センターで輸出衛生証明書を発行し、輸出が円滑に行われるよう支援しています。
(聞き取り:山梨県水産技術センター)

H28H29H30R1R2R3R4
発行件数27293733204962
尾数8,15415,0819,0279,8627,59116,40217,950

令和3年度山梨県の輸出国別の衛生証明書発行枚数
令和3年度 山梨県の輸出国別の衛生証明書発行枚数

 山梨県の錦鯉は全国大会で優勝するような素晴らしいものもありますが、ご家庭でも気軽に購入できる綺麗な錦鯉も多数取りそろえています。一度飼育してみては如何でしょうか。

リンク

ページ内コンテンツこちらで終了

ページの先頭へ戻る